October 11, 2018 / 9:35 AM / 9 days ago

三菱UFJ、ヴィエティンバンク出資比率50%への引き上げ模索=報道

[ハノイ 11日 ロイター] - 三菱UFJ銀行[MTFGTU.UL]はベトナムの銀行ヴィエティンバンクCTG.HMに対する出資比率を50%に引き上げたい意向だ。ベトナム国営のベトナム・テレビ(VTV)が吉川英一・三菱UFJ銀行副頭取の話として伝えた。

 10月11日、三菱UFJ銀行はベトナムの銀行ヴィエティンバンクに対する出資比率を50%に引き上げたい意向だ。写真は三菱UFJ銀行のロゴ。都内で4月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

VTVによると、吉川副頭取は「われわれは1920年以来、ベトナムに投資しており、ヴィエティンバンクに対する持ち分を登録資本の50%に引き上げたいと考えている」と述べた。

リフィニティブ・アイコンのデータによると、三菱UFJ銀行は現在、ヴィエティンバンクの19.73%を保有。ベトナムは銀行に対する外資の出資比率上限を30%としている。

このため三菱UFJ銀行が持ち分を50%に高めるには、ベトナム政府から特別な許可を得るか、同国政府が外資の出資比率上限を引き上げなければならない。政府としては、保有するヴィエティンバンク株をさらに売却することも意味する。

リフィニティブのデータでは、ベトナム国家銀行(中央銀行)がヴィエティンバンクの64.46%を保有している。VTVによると、中銀のレ・ミン・フン総裁は「政府はベトナムの銀行への出資、とりわけ弱体な銀行に外資が入ることを歓迎する。これらの銀行の外資による100%所有を認めるのを検討することもあり得る」と発言した。

ヴィエティンバンクは時価総額ベースで国内第4位。政府の定義に従えば経営基盤は弱くはない。しかし同総裁は、ヴィエティンバンクには増資が不可欠だと話している。

*写真を付け、内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below