December 26, 2018 / 7:22 AM / 6 months ago

三菱UFJ、三毛頭取が社長を兼務 平野社長は会長=4月1日付

 12月26日、三菱UFJフィナンシャル・グループは、傘下の三菱UFJ銀行の三毛兼承頭取(写真)が社長を兼務し、平野信行社長が会長に就く人事を発表した。都内で昨年10月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 26日 ロイター] - 三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306.T)は26日、傘下の三菱UFJ銀行の三毛兼承頭取が社長を兼務し、平野信行社長が会長に就く人事を発表した。来年4月1日付。平野社長が在任6年となるため、若返りを図る。国際業務に強い三毛氏の起用により、海外展開に注力する体制を整える。 園潔会長は三菱UFJ銀会長に就任する。亀澤宏規専務が副社長に昇格し、三毛新社長をサポートする体制を整える。平野氏は取締役会議長も務め、経営を監督する立場となる。

三毛氏は昨年、体調不良で退任した小山田隆前頭取の後任として急きょ、頭取に就任。今年度からスタートした中期経営計画の策定で中心的役割を果たした。メガバンクはガバナンス上の観点から、持ち株会社の社長と傘下銀行の頭取を分離するケースが増えているが、三菱UFJは兼務する体制を当面続ける。

平野氏は2012年に三菱東京UFJ銀行(現・三菱UFJ銀)頭取に就任し、13年に頭取と兼務して社長に就いた。強力な統率力と求心力で、米ユニオンバンクと三菱UFJ銀の米州事業の統合や、タイのアユタヤ銀行買収など国際業務の強化と共に、委員会設置会社への移行などのガバナンス改革などを推し進めた。

三毛氏は79年に慶應義塾大学を卒業し、旧三菱銀行に入行。旧UFJ銀行との統合の際にはシステム統合を担当、その後、米州本部長、国際担当の副頭取などを歴任した。海外業務に通じており、アユタヤ銀行買収では交渉を統括した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below