for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=全豪オープン、ムグルサとハレプが準決勝進出

 テニスの四大大会初戦、全豪OP女子シングルスでガルビネ・ムグルサ(写真)と第4シードのシモナ・ハレプが4強入りを果たした(2020年 ロイター/Edgar Su)

[メルボルン 29日 ロイター] - テニスの四大大会初戦、全豪オープン(OP)は29日、メルボルンで試合を行い、女子シングルス準々決勝では、ガルビネ・ムグルサ(スペイン)と第4シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が4強入りを果たした。

ムグルサは、第30シードのアナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)に7─5、6─3で勝利。四大大会で2018年全仏OP以来の4強入りとなったムグルサは、報道陣に対し「最も苦しい瞬間というのは、以前のように、あるいはそれ以上に一生懸命頑張っても結果が伴わないと感じる時だ。テニスのトップを何年もキープし続けるのは非常に厳しい」と話した。

準決勝では、同日に第28シードのアネット・コンタベイト(エストニア)に6─1、6─1で圧勝したハレプと対戦する。ムグルサは「(ハレプ戦は)タフな試合になると思う」としつつも、「また彼女と試合ができることを楽しみにしている」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up