Reuters logo
テニス=世界1位ムグルサ、体調不良で中国OP途中棄権
2017年10月3日 / 02:46 / 20日前

テニス=世界1位ムグルサ、体調不良で中国OP途中棄権

[2日 ロイター] - テニスの中国オープンは2日、北京で試合を行い、女子シングルス1回戦では、世界ランク1位で第1シードのガルビネ・ムグルサ(スペイン)が体調不良で途中棄権した。

ムグルサはバルボラ・ストリコバ(チェコ)と対戦したが、1─6、0─2となったところでプレー続行は不可能と判断した。ムグルサはウイルス感染により、北京入りした後は練習できなかったと説明した。

全米オープン王者のスローン・スティーブンスはクリスティーナ・マクヘール(ともに米国)に敗れた。

2回戦では、元世界ランク1位のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)が敗退した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below