for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

良品計画、9―11月期は15%営業減益 オミクロン影響は読めず

 1月7日、良品計画は、2021年9―11月期の連結営業利益が前年比15.3%減の111億円になったと発表した。写真は無印良品の関西エアポート店で2017年10月撮影(2022年 ロイター/Thomas White)

[東京 7日 ロイター] - 良品計画は7日、2021年9―11月期の連結営業利益が前年比15.3%減の111億円になったと発表した。新規出店により売上高に相当する営業収益は過去最高となったものの、国内の衣服・雑貨の値下げ販売などにより利益率が低下、営業減益となった。

国内の衣服・雑貨は、生産地の東南アジアのロックダウン(都市封鎖)による納期の遅れや気温の影響で販売が低調だった。秋物商品で在庫処分のために早めに値下げを行い、利益率悪化につながった。営業利益は会社計画を若干下回ったという。

綿など原材料費が上昇しているが、堂前宣夫社長は「秋に向けて原価は厳しくなるが、ベーシックな商品は価格を上下させたくない」とし、ベーシックな商品以外のところで無印良品らしい品揃えや商品企画を行い、原価高をカバーしていく方針を示した。

一方、中国は行動制限の影響で店舗販売が伸び悩んだものの、オンラインが好調に推移し、全店売上高は前年並みを確保した。

足元では新型コロナウイルスのオミクロン変異株が急拡大しているが、再び外出の抑制などにつながるかどうか見えていないため「影響は分からない」と述べた。

22年8月期の連結営業利益は450億円(同6.0%増)、純利益は320億円(同5.6%減)の見通しを据え置いた。IBESのコンセンサス予想によると、アナリスト13人の通期営業利益予想の平均値は471億円となっている。

堂前社長は、9─10月の収益は厳しかったものの、11─12月は戻ってきたと指摘。第2四半期以降は、下着やTシャツなど日常生活で使う商品の販売を強化し、通期計画の達成を目指すとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up