Reuters logo
テニス=世界1位マリー、モチベーション維持の苦しさを吐露
2017年5月25日 / 04:19 / 6ヶ月後

テニス=世界1位マリー、モチベーション維持の苦しさを吐露

[24日 ロイター] - 男子テニスのアンディ・マリー(英国)は、今季調子を落としていることについて、昨年世界ランク1位に躍り出てからモチベーションの維持に苦しんでいることが理由だと述べた。

 5月24日、男子テニスのアンディ・マリー(左)は、今季調子を落としていることについて、昨年世界ランク1位に躍り出てからモチベーションの維持に苦しんでいることが理由だと述べた(2017年 ロイター/Benoit Tessier)

マリーは24日、パリで行われたイベントに、リオ五輪柔道男子100キロ超級金メダリストのテディ・リネール(フランス)と登場。何年もトップの座を維持してきたリネールをたたえ、「昨年末に世界1位の座に就いたが、今年はモチベーションの維持と新たな目標設定に苦しむことがある」と告白した。

マリーは昨年公式戦24連勝を果たし、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)を王座から追い落とした。ところが今季開幕からの勝率は70.8パーセントで、世界1位の選手としては1999年のピート・サンプラス(米国)以来の低い数字となっている。

28日開幕の全仏オープンを控え、マリーは「グランドスラムになれば、たとえその前が不調でも特別なやる気を感じる」とコメント。いいトーナメントにしたいと意気込んだ。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below