Reuters logo
テニス=マリー、テニス界の男女平等の重要性を主張
2017年9月20日 / 02:30 / 1ヶ月前

テニス=マリー、テニス界の男女平等の重要性を主張

 9月19日、男子テニスの世界ランク3位、アンディ・マリー(英国)が、テニス界における男女平等の重要性について主張している。7月、代表撮影(2017年 ロイター)

[19日 ロイター] - 男子テニスの世界ランク3位、アンディ・マリー(英国)が、テニス界での男女平等の重要性について主張している。

3度のグランドスラム制覇を果たしたマリーは「人々は、トップテニス選手になるためにどれだけの労力を費やす必要があるのかをしばしば過小評価している。その労働倫理に男女の違いはない。何時間もジムやコートで過ごし、移動し、試合や対戦相手について分析する。チームと会話し、身体の自己管理を行い、様々な犠牲を伴う」と話した。

同選手は2014年から2年間、元女子テニスのアメリ・モレスモ氏(フランス)をコーチに迎え、7個のタイトル獲得と2度の全豪オープン決勝進出を果たした。だが、その期間に、モレスモ氏が同様の仕事を担う男性らと同じ扱いを受けていないことが分かったと明かした。

それ以来、女性の平等について訴えてきたと話すマリーは「女子のトップ選手と関わりのある人なら誰でも、男子と同じようにツアーで優勝するために犠牲を払ったことを理解するだろう」と述べ、テニス界の男女平等を主張した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below