May 13, 2019 / 4:28 AM / 8 days ago

ユーロビジョンがイスラエルで開幕、治安への懸念も

 64回目を迎えた欧州の国別対抗歌謡祭「ユーロビジョン」の開会式が12日、イスラエルのテルアビブで開催され、41カ国からの参加者が「文化広場」でオレンジ色のカーペットを歩いた。写真はポーランド代表(2019年 ロイター/Amir Cohen)

[テルアビブ 12日 ロイター] - 64回目を迎えた欧州の国別対抗歌謡祭「ユーロビジョン」の開会式が12日、イスラエルのテルアビブで開催され、41カ国からの参加者が「文化広場」でオレンジ色のカーペットを歩いた。

パレスチナ自治区のガザ地区では、イスラエルとパレスチナ武装勢力の国境を越えた紛争が急増しており、大会が妨害されるのではないかとの懸念が高まっていた。しかし、1週間前に発効した停戦はまだ続いている。

昨年、イスラエルが2019年のユーロビジョン決勝戦の主催者に選ばれた際、世界でテレビ中継されたこのイベントは、BDS(ボイコット、投資引き揚げ、制裁)運動により同国を孤立させるよう政府、企業、芸能人、学識者に圧力をかけるキャンペーンの対象となっている。

大会は14日と16日に準決勝、18日に決勝が行われる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below