February 28, 2019 / 2:46 AM / a month ago

ウクライナが欧州歌謡祭の参加断念、ロシア問題で代表降板

 2月27日、欧州の国別対抗歌謡祭「ユーロビジョン」でウクライナ代表が、5月にイスラエルで開催される決勝戦への参加を断念した。代表に選ばれた歌手のアンナ・コルスンさん(写真)が政治問題を理由に、参加を巡って国営放送と合意できなかったため。23日撮影(2019年 ロイター/Inna Sokolovska)

[キエフ 27日 ロイター] - 欧州の国別対抗歌謡祭「ユーロビジョン」でウクライナ代表が、5月にイスラエルで開催される決勝戦への参加を断念した。代表に選ばれた歌手が政治問題を理由に、参加を巡って国営放送と合意できなかったため。

ウクライナ代表を決める投票では、「Maruv」の芸名で活動するアンナ・コルスンさん(27)が23日に選出された。だが、ロシアで演奏活動を行わないことなど契約上の義務を国営放送が課そうとしたため、政府の広告塔になりたくないと表明。一方、2位と3位になった候補者はスケジュールを理由に、コルスンさんの代わりに決勝へ行くことを拒否したという。

ウクライナでは2014年に、クリミアがロシアに併合され、両国の関係は悪化している。ウクライナは17年に開催国となった際、ロシア代表のユリヤ・サモイロワさんについて、クリミア半島を当局の許可なく訪問しウクライナの法律に違反したとして入国を拒否した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below