October 31, 2019 / 4:24 AM / 16 days ago

R・スターが新作でJ・レノンの曲をカバー、「感情こみ上げた」

 リンゴ・スター(写真)は、故ジョン・レノンの曲をカバーしたことは感情がこみ上げてくる体験だったと語った。写真は24日、ウェストハリウッドで撮影(2019年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ウェストハリウッド(米カリフォルニア州) 30日 ロイター] - 元ビートルズのドラマー、リンゴ・スター(79)が、故ジョン・レノンの曲を新作アルバム「ホワッツ・マイ・ネーム」でカバーしたことについて、感情がこみ上げてくる体験だったと語った。

スターはレノンが生前に書いた最後の曲の一つとなる「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」をカバー。ポール・マッカートニーもベースで参加している。また、故ジョージ・ハリスンによるビートルズの曲「ヒア・カムズ・ザ・サン」からのストリングも使われ、ビートルズのメンバー4人全員が「関わる」形となった。

スターはロイターのインタビューで、「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」は「大好きな曲」だとコメント。「(レノンが)いなくなってしばらく経つけれど、とてもエモーショナルな気持ちだ。彼は最も素晴らしい友人の一人だった」と話した。

また、発表から50年を迎えたビートルズのアルバム「アビイ・ロード」が、今月に音楽アルバムチャートで1位に返り咲いたことについて、興奮しているとし「この作品が50年前に作られたということに皆感動すると思う。自分たちはベストを尽くしてアルバムを作り、ミックスした」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below