June 24, 2019 / 2:28 AM / 5 months ago

ストーンズのM・ジャガーが心臓手術経て復帰、北米ツアー再開

 英バンドのローリング・ストーンズが21日、米シカゴで北米ツアーを再開し、4月に心臓弁膜症の手術を受けたボーカルのミック・ジャガー(75、中央)が復帰した。同バンドはジャガーの治療に伴い、北米での17公演を延期していた(2019年 ロイター/Daniel Acker)

[21日 ロイター] - 英バンドのローリング・ストーンズが21日、米シカゴで北米ツアーを再開し、4月に心臓弁膜症の手術を受けたボーカルのミック・ジャガー(75)が復帰した。同バンドはジャガーの治療に伴い、北米での17公演を延期していた。

この日、6万1500人収容のソルジャーフィールド・スタジアムはソールドアウトとなった。フロントマンのジャガーは、タイトな黒のジーンズに、黒と白のチェックの上着を着用。往年のヒット曲「ストリート・ファイティング・マン」を皮切りに、ステージ上で熱いパフォーマンスを披露した。

ビルボード誌は「75歳のこの歌手はこの日の公演を通じて、とどまるところを知らないエネルギーと熱狂の典型例だった」と評した。ツイッターでは「ミックはまだジャガーのように動ける」「この男は鉄人だ」といったコメントが見られた。

全員が70代となったストーンズの4人はこれまでに40以上のツアーを行い、史上最も長く成功を収めたロックミュージシャンの一つとなっている。旅行業界誌のポールスターによると、今回のツアーの2018年の総収益は1億1600万ドル(約124億6000万円)と、世界で10位になった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below