for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マスク氏、ツイッター取締役に就任 戦略的決定に関与へ

[5日 ロイター] - 米ツイッターは5日、筆頭株主で米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)を取締役に指名すると発表した。4日にはマスク氏がツイッター株9.2%(約30億ドルに相当)を取得したことが明らかになったばかり。

4月5日、米ツイッターは筆頭株主で米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)を取締役に指名すると発表した。4日にはマスク氏がツイッター株9.2%(約30億ドルに相当)を取得したことが明らかになったばかり。写真は2019年3月、米フロリダ州で記者会見するマスク氏(2022年 ロイター/Mike Blake)

ツイッターによると、マスク氏は取締役を務める間、普通株の保有比率を14.9%以上に引き上げることはできない。

ツイッターのパラグ・アグラワルCEOはツイッターへの投稿でマスク氏について「熱烈なツイッター信奉者であると同時に厳しい批判者であり、長期的にツイッターを強化する上で同社および取締役会に必要な人材」と述べた。

マスク氏もツイッターで「CEOおよび取締役会と連携し、ツイッターが今後数カ月で著しい改善を遂げることができるよう楽しみしている」と応じた。

関係者によると、マスク氏は新たなプロジェクトの方向性や編集機能の追加など、ツイッターの戦略的決定に関与するという。

ツイッターの株価は5日の取引で一時6.5%高を付ける場面もあったが、結局2%高で取引を終えた。テスラ株は4.7%下落した。

株式取得を受け、マスク氏によるツイッター完全買収など、さまざまな観測が浮上。ただ、関係者によると、同氏は買収に関心を示していないという。

マスク氏は出資発表後、ツイッターに「編集ボタンを望むか」と利用者に問う投票を実施した。編集機能を求める声は以前からあり、ツイッターも導入の是非を検討している。

事情に詳しい関係者によると、マスク氏は3月14日に株式を取得した直後、ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏とアグラワルCEOに接触し、取締役会に参画したいという希望を伝えた。ドーシー氏らは、マスク氏がアイデアを提供するだけでなく、話題性にもつながると考え、取締役就任に賛同したという。

<運営に懸念も>

マスク氏はツイッターのヘビーユーザーとして知られ、これまでも8000万人を超えるフォロワーに対して数々の発表を行ってきた。

ハーグリーブス・ランズダウンのシニアアナリスト、スザンナ・ストリーター氏は「マスク氏が自身の個人的なブランドや保有企業をアピールする目的で、ツイッターの運営方法に大きな影響力を持ち過ぎることは懸念されるかもしれない」と指摘する。

ツイッターの広報担当は「日常的な運営と決定は、ツイッターの経営陣と社員が行っている」と説明した。マスク氏の取締役任期は2024年までとなる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up