December 21, 2018 / 6:17 PM / a month ago

ミャンマーで拘束中のロイター記者は無罪=英外相

[ロンドン 21日 ロイター] - 英国のハント外相は21日、ミャンマーにおいて国家機密法違反の罪で拘束されているロイターの記者2人が無罪であるとし、英政府は同件を巡る法の適正手続きに関して大きな懸念を抱いているとの見解を示した。

外相はロイター記者に対する支持を示すために短い動画を撮影。その中で「(ロイターの)2人の記者を世界に思い出してほしい。なぜならわれわれは彼らが無実だと信じているだけではなく、今年は拘留されたり、ひどい場合は殺されたりしたジャーナリストの人数が大きく増加した年だからだ」と述べた。

ジャーナリスト保護委員会が今月発表した年間調査によれば、取材活動に関連して投獄されたジャーナリストは12月1日時点で251人。また2018年1月1日から12月14日までの期間に殺されたジャーナリストは世界中で少なくとも53人に上るという。

外相は家族と過ごす時間を楽しみに待つ時こそ、ロイターの記者2人の運命を考える時だと指摘。ロイターの記者は、ミャンマーでのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害の実態を伝えたいとの思いと引き換えに「今年のクリスマスを牢獄で過ごすのだ」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below