August 27, 2018 / 12:03 AM / 3 months ago

ミャンマー裁判所、ロイター記者の国家機密法違反巡りきょう判決

 8月27日、ミャンマーの裁判所は、同国のイスラム教徒少数民族ロヒンギャに関する極秘資料を警察から不法に入手したとして、国家機密法違反の罪で起訴された2人のロイター記者(写真中央)への判決を言い渡す。ヤンゴンで7月撮影(2018年 ロイター/Ann Wang)

[ヤンゴン 27日 ロイター] - ミャンマーの裁判所は、同国のイスラム教徒少数民族ロヒンギャに関する極秘資料を警察から不法に入手したとして、国家機密法違反の罪で起訴された2人のロイター記者への判決を27日に言い渡す。

裁判所は、ロヒンギャに対する迫害問題を取材していたロイターのWa Lone記者(32)とKyaw Soe Oo記者(28)が機密文書を入手したとされる問題で、1月から審理を行っていた。

2被告には、最高で禁錮14年が言い渡される。

2人の記者は、ロヒンギャ虐殺に関する取材を阻止するために警察が仕組んだわなだと主張。証人に立った警察官からも同様の証言が出ている。

2被告は審理で、昨年12月12日、面識のない警官とヤンゴンのレストランで会った時、新聞紙にくるまれた書類を渡され、その直後に私服の当局者に身柄を拘束されたと証言している。

また、警察官のMoe Yan Naing氏は4月に、機密文書を使ってわなを仕掛け、ロイター記者を逮捕するよう警察幹部が指示したと証言している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below