for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミャンマー国軍、国際社会を尊重するが目標は堅持=報道官

[11日 ロイター] - ミャンマー国軍の報道官は11日、軍事政権は隣国や国際社会を尊重するが、先月政権を奪取した際に打ち出した目標は堅持すると述べた。

報道官は会見で「選挙を実施し、勝利した政党に権限を移譲する」とし「隣国や国際社会を尊重するが、われわれの5つの目標は堅持する」と述べた。

国軍は報道の自由を尊重し、その価値を認めるとも表明。社会不安を煽ったジャーナリストしか逮捕していないと述べた。

また、国軍が指名した選挙委員会は、選挙制度を比例代表制に変更することを提案している政党と会談した。選挙委員が11日、明らかにした。

同委員は会見で、変更案を検討するには時間が必要だが、この案を採用するかは分からないと発言。「何も決まっていない。この制度について今も調査を続けている」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up