for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミャンマー西部チン州で戒厳令発令、警察署と銀行が襲撃される

[14日 ロイター] - ミャンマー軍事政権は、インドと国境を接する西部チン州のミンダ地区で「武装テロリスト」が警察署と銀行を攻撃したとして、同地区に戒厳令を敷いた。国営メディアが14日、伝えた。

ミャンマー国営通信によると、ミンダ地区では12日と13日に暴動が起き、約100人が自作の銃で警察署を襲撃し、約50人がミャンマー経済銀行の支店を襲撃したが、治安部隊が犠牲者を出すことなく鎮静化させた。

国営紙グローバル・ニューライト・オブ・ミャンマーはミンダ地区への戒厳令発令書を掲載した。

ロイターはミンダ地区に関する国営メディアの報道を独自に確認できていない。

一方、チン州で新設された武装組織の報道官は、最近の襲撃への関与を明らかにした。

軍事政権の報道官のコメントは得られていない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up