for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミャンマー最大都市で抗議デモ続く、ネット遮断でも数万人が集結

[7日 ロイター] - ミャンマーの最大都市ヤンゴンで7日、軍事クーデターに抗議し数万人が参加する大規模デモが行われた。国内各地でもアウン・サン・スー・チー氏らの拘束に対する抗議活動が起きている。

インターネットが遮断され、電話線の利用が制限されているにもかからわず、ヤンゴン市内にはスー・チー氏が率いる国民民主連盟(NLD)のシンボルカラーである赤の風船を掲げた人々が集結。「軍の独裁は望まない。民主化を求める」と叫びながら市内を行進した。

デモは6日から2日連続で行われた。これは2007年に起きた反政府デモ「サフラン革命」以来の規模となる。

ヤンゴンから350キロ離れた首都ネピドーの国軍からのコメントはない。

このほか、沿岸部の都市モーラミャインや中部マンダレーなどでも数百人規模の抗議活動が行われた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up