for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

IMF、クーデター数日前にミャンマーに緊急支援 回収は困難

[ワシントン 2日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は先週、新型コロナウイルス関連の緊急支援の一環として、ミャンマー政府に現金3億5000万ドルを提供した。

その数日後に国軍がクーデターで全権を掌握し、アウン・サン・スー・チー国家顧問らが拘束された。米国務省は2日、これを軍事クーデターと認定した。

専門家によると、IMFの緊急支援はほぼ無条件で理事会が1月13日に承認し、迅速に送金された。回収は難しいとみられている。

IMFは2日、ロイターへの電子メールでミャンマーへの送金が先週完了したことを確認。「状況を注視している。クーデターがミャンマーの経済と国民に与える影響を深く懸念している」と表明した。

バイデン米大統領は、軍幹部への新たな制裁を示唆、国務省はミャンマーへの支援を見直す考えを明らかにした。

米国はIMFの最大の出資国。IMFは、先週の送金を含め、過去7カ月でミャンマーに7億ドルの緊急コロナ支援を行った。

検証を伴う通常の資金支援プログラムとは異なり、緊急支援は迅速に実施され撤回の方法はない。

元IMFエコノミストのステファニー・シーガル氏は「緊急支援は交渉も条件も検証作業もない。IMFの理事会で承認された資金が回収された例は過去にない」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up