for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インドネシア外相がミャンマー訪問見送り、現地デモ継続

 2月24日、インドネシア外務省の報道官は、ルトノ外相(写真)がミャンマー訪問を見送ると発表した。写真は2017年8月フィリピンのパサイでの代表撮影(2021年/ロイター)

[ジャカルタ 24日 ロイター] - インドネシア外務省の報道官は24日、ルトノ外相がミャンマー訪問を見送ると発表した。外相は今月初めにミャンマーで起きた軍事クーデターを受け、国軍トップと会談する予定だった。

報道官は記者向けブリーフィングで「現状と東南アジア諸国連合(ASEAN)の他の加盟国の意見を踏まえると、現在はミャンマー訪問に理想的な時期ではない」と説明した。

ミャンマーでは同日、クーデターに対する抗議活動が再び繰り広げられる見通し。

週初に大規模なデモ活動と各地でゼネストが行われたのに続き、23日のデモは全般的に参加者が減ったが、最大都市ヤンゴンではさまざまなマイノリティー(少数人種)の人々や公務員が参加する姿が見られた。

関係筋によると、インドネシア政府はミャンマーの政権を握っている国軍が約束通り公正な選挙を実施するよう、ASEAN加盟国が監視団を派遣することを中心とする提案を示した。

国軍は新たな選挙の実施時期を明らかにしていないが、政権を奪取した際に1年間の非常事態宣言を発令しているため、選挙は宣言解除後になるとみられる。

しかし、昨年11月8日の選挙で圧勝したアウン・サン・スー・チー国家顧問率いる国民民主連盟(NLD)と支持者らは勝利の認定を求めている。23日にはヤンゴンにあるインドネシア大使館の前に数百人が集まり、新たな選挙実施案への抗議を表明し、11月の選挙結果の認定を求めた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up