for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ASEAN、直ちにミャンマー特使任命を=インドネシア外相

インドネシアのルトノ・マルスディ外相(写真)は2日、東南アジア諸国連合(ASEAN)はミャンマーへの特使を直ちに任命すべきとの見解を示した。資料写真、2020年1月撮影(2021年 ロイター/Ajeng Dinar Ulfiana)

[2日 ロイター] - インドネシアのルトノ・マルスディ外相は2日、東南アジア諸国連合(ASEAN)はミャンマーへの特使を直ちに任命すべきとの見解を示した。

ASEANは4月、インドネシアの首都ジャカルタで開催された首脳会合で、クーデターにより実権を掌握したミャンマー国軍との間で5項目の「合意」に達したと発表した。それから1カ月以上が経過したが、目立った進展は見られない。

合意した5項目は、暴力停止、全当事者による建設的な対話、対話を促すためのASEAN特使の派遣、援助受け入れ、特使受け入れ。

外交筋は1日、ASEANの議長と事務局長がこの5項目をフォローアップするため、数日中にミャンマーを訪問する予定だと述べた。

一方、国軍側は対話に応じるどころか、対立する野党勢力をテロリストや反逆者と呼んで弾圧している。

ルトノ外相は「ミャンマーの政治危機を解決し、国民の意思に従って民主主義を取り戻すために、包括的な対話が進められるべきだ」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up