for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仏トタルエナジーズ、ミャンマー撤退を決定 人権状況悪化で

フランスのエネルギー大手トタルエナジーズは21日、ミャンマーからの撤退を決定したと発表した。フランスのガソリンスタンドで昨年8月撮影。(2022年 ロイター/Pascal Rossignol)

[パリ 21日 ロイター] - フランスのエネルギー大手トタルエナジーズは21日、ミャンマーからの撤退を決定したと発表した。現地の人権状況悪化が理由。昨年2月の軍クーデターを受けて、西側企業の撤退が相次いでいる。

トタルエナジーズは声明で「2021年2月のクーデター以降、人権、法の統治という面でミャンマーの状況は悪化し続けており、当社は現地の状況を再評価した。もはや同国に十分な貢献はできない」とし撤退の手続きを取ることを決定したと述べた。

撤退に伴う財務的影響は具体的には示さなかったが、同社広報は、ミャンマー事業の収益に占める割合は1%以下と述べた。

トタルエナジーズは、ユノカル・シェブロン、PTTEP、ミャンマー国営石油ガス会社MOGEとともに、1992年からミャンマーのヤダナガス田の運営を担っている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up