for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国務長官、ミャンマー国軍への強硬対応強調 抗議デモで死者

 ブリンケン米国務長官は21日、クーデターへの抗議デモに暴力で対応するミャンマー国軍に「断固とした行動」を継続する考えを強調した。写真は1月に米首都ワシントンで撮影。代表撮影(2021年 ロイター)

[ワシントン 21日 ロイター] - ブリンケン米国務長官は21日、クーデターへの抗議デモに暴力で対応するミャンマー国軍に「断固とした行動」を継続する考えを強調した。ミャンマーでは20日、治安部隊による発砲で2人が死亡している。

2週間以上続く抗議デモは収まる気配はなく、クーデターの撤回と選挙で選ばれた議員およびアウン・サン・スーチー氏の解放を要求している。

ブリンケン長官はツイッターに「ミャンマー市民は民主的に選出された政府の復活を求めており、米国は市民に対する暴力に断固とした行動を継続する。われわれはミャンマー国民とともにある」と投稿した。

米国は10日前、暫定大統領と複数の軍幹部に対する制裁を発表した。

バイデン大統領はクーデターの責任者や国軍とつながりのある3企業への制裁を承認している。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up