Reuters logo
中国はミャンマーの安全保障努力を支持、ロヒンギャ問題で=王外相
2017年9月19日 / 06:16 / 1ヶ月前

中国はミャンマーの安全保障努力を支持、ロヒンギャ問題で=王外相

[北京 19日 ロイター] - ミャンマー西部でイスラム教徒少数民族ロヒンギャの武装勢力と治安部隊の衝突が激化している問題で、中国の王毅外相は国連のグテレス事務総長に対し、ミャンマー政府による安全保障上の努力を支持すると表明した。

 9月19日、ミャンマー西部でイスラム教徒少数民族ロヒンギャの武装勢力と治安部隊の衝突が激化している問題で、中国の王毅外相は国連のグテレス事務総長に対し、ミャンマー政府による安全保障上の努力を支持すると表明した。提供写真は17日、パナマシティのボリバル宮殿で演説する同外相(2017年 ロイター/Carlos Lemos)

ミャンマーの治安部隊による攻撃から逃れるため、41万人以上のロヒンギャが隣国バングラデシュで難民となっている。ミャンマー政府によると、戦闘で400人程度が死亡したという。グテレス事務総長は13日、この事態は民族浄化としか言いようがないと発言していた。

19日に公表された声明によると、王外相は18日、グテレス事務総長に対し、ミャンマー政府による西部ラカイン州での安全保障上の努力を中国は「理解し、支持する」と言明。「戦火」が早期に消えることを希望すると述べた。

外相は、中国としてバングラデシュに避難した人々に対し同情を示すと述べ、同国に人道的支援をするとも表明。「ミャンマーとバングラデシュが対話によって問題を解決することを支持する」とし、「わが国はわが国独自の方法で、和平交渉の推進を継続する考えであり、国際社会が状況の緩和と対話促進のための建設的役割を担うことを期待する」と表明した。

英国は18日、主要国による閣僚会合を開催し、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相に対し治安部隊による攻撃をやめさせるよう求めた。安全保障問題に関するスー・チー氏の顧問は、出国したロヒンギャは帰国することが可能だと述べたが、方法については議論が必要だとした。

*カテゴリーを追加して再送します

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below