April 11, 2018 / 5:54 AM / 5 months ago

ロヒンギャ虐殺事件で、ミャンマー兵7人に懲役10年

[ヤンゴン 10日 ロイター] - ミャンマー北部ラカイン州の村で昨年9月、イスラム系少数民族ロヒンギャの男性10人を虐殺したとして、ミャンマー軍兵士7人が「遠隔地での重労働を伴う懲役10年」の判決を受けたと、ミャンマー軍が10日明らかにした。

4月10日、ミャンマー北部ラカイン州の村で昨年9月、イスラム系少数民族ロヒンギャの男性10人を虐殺したとして、ミャンマー軍兵士7人が「遠隔地での重労働を伴う懲役10年」の判決を受けたと、ミャンマー軍が日明らかにした。写真は2017年9月、インディン村で跪くロヒンギャ男性10人。この後、殺害されたとみられる。提供写真(2018年 ロイター)

同軍は、ミン・アウン・フライン国軍総司令官のフェイスブックページ上に声明を出し、7人の兵士は「殺人行為に寄与し、参加した」ことに対して「処罰を受けた」と明らかにした。

ロヒンギャ虐殺事件は、ロイターのWa Lone記者(31)とKyaw Soe Oo記者(28)が調査取材を行っていた。両記者は昨年12月に逮捕され、国家機密法違反の疑いで現在も収監されている。

ミャンマー当局は2月、軍が独自に内部捜査を開始したことをロイターに明らかにした上で、この捜査はロイター記者が政府の機密文書を入手したとして逮捕された件とは別件だと述べていた。

ロヒンギャ男性10人は昨年9月、北部ラカイン州のインディン村で近隣の仏教徒たちや兵士に射殺または刃物で殺害され、集団埋葬された。ロイターはこの事件について、2月に報道した。

軍は今回の声明で、「士官4人が軍から永久追放され、遠隔刑務所での重労働を伴う懲役10年の判決を受けた。他階級の兵士3人は、兵卒に降格の上、軍から永久追放され、遠隔刑務所での重労働を伴う懲役10年に処せられた」と説明した。

声明は、「犯罪に関与した」警察官や民間人に対する法的手続きが引き続き行われているとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below