July 13, 2018 / 6:09 AM / 2 months ago

ブログ:ロヒンギャ難民女性、守り続ける伝統の「タナカ」

[コックスバザール(バングラデシュ) 6日 ロイター] - ミャンマーでの暴力から逃れ、バングラデシュ南部の難民キャンプに滞在するイスラム系少数民族ロヒンギャの女性や少女の頬を、樹皮から作られた黄色いペーストで描かれた模様が飾っている。

7月6日、ミャンマーでの暴力から逃れ、バングラデシュ南部の難民キャンプに滞在するイスラム系少数民族ロヒンギャの女性や少女の頬を、樹皮から作られた黄色いペーストで描かれた模様が飾っている。コックスバザールで3月撮影(2018年 ロイター/Clodagh Kilcoyne)

「タナカ」と呼ばれるこのペーストは、数百年以上前から使われている伝統的な日焼け止めの一種。ひんやりとしたこのペーストを顔に塗ると、難民キャンプの困難な暮らしの中でも、普通の生活の感覚が少し取り戻せるとして、愛用している女性をよく見かける。

ジュハラ・ベグムさん(2018年 ロイター/Clodagh Kilcoyne)

「化粧は私の趣味で、これは私たちの伝統」と、13歳のジュハラ・ベグムさんは言う。住んでいたミャンマー西部ラカイン州の村が軍に攻撃され、そこを逃れて昨年9月にコックスバザールにたどり着いた。

「軍は銃を撃ち、私たちを虐殺した」と語るジュハラさんは、5日間歩き通してバングラデシュとの国境にたどり着いたという。彼女はいま、丘の上にある混雑したジャムトリ難民キャンプで暮らしている。

「丘の上に住んでいると、太陽の光が強すぎてとても暑い」と、ジュハラさんは言う。その顔には、肌を保護するタナカが塗られている。

(2018年 ロイター/Clodagh Kilcoyne)

国連や人権団体によると、この地区には昨年のミャンマー軍による攻撃を逃れたロヒンギャ70万人が身を寄せている。ジュハラさんもその1人だ。

ロイターのカメラマンは、タナカには肌を滑らかにしてひんやりと保ち、太陽や炎症から守ってくれる効果があると信じているロヒンギャ避難民の何人かを撮影した。

ザナット・アラさん(2018年 ロイター/Clodagh Kilcoyne)

9歳のロヒンギャ少女ザナット・アラさんは、タナカが、いま暮らしているクトゥパロン難民キャンプにいる虫から肌を守ってくれると話す。

「顔をきれいにしておくために化粧をする。顔を刺す虫からも守ってくれる」と、ザナットさんは言う。

(2018年 ロイター/Clodagh Kilcoyne)

タナカは、ミャンマー中部の乾燥した地域に育つ木の樹皮から作られる。樹皮を砥石ですって黄色い乳液のようなペーストにする。

ペーストを使って顔に様々な模様を描き、それが乾燥して肌を保護する膜となる。アジアの他の地域では薬として使われることもあるが、ミャンマーの女性は化粧品としても利用している。

(2018年 ロイター/Clodagh Kilcoyne)

ロヒンギャの少女や女性は、難民キャンプで売られているタナカの樹皮を用い、伝統的なやり方でペーストを作っている。

「お米を食べなくても生きていけるけど、化粧がなかったら生きていけない」と、ジュハラさんは言う。大変なキャンプ暮らしの中、タナカはわずかだがジュハラさんを和ませているようだ。

(撮影:Clodagh Kilcoyne、文責:Darren Schuettler)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below