for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪NAB、爆弾脅迫で全支店を一時閉鎖 その後いたずらと判明

 11月18日、豪大手銀ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)は18日、全ての支店および事業所を一時閉鎖した。写真はシドニーで2017年8月撮影(2020年 ロイター/David Gray)

[18日 ロイター] - 豪大手銀ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)NAB.AXは18日、「物理的な安全面での脅威」のため全ての支店および事業所を一時閉鎖したものの、いたずらだったことが分かったとして19日には再開すると発表した。

同行は脅威の具体的な内容を明らかにしなかったものの、警察当局が地元紙に明らかにしたところによると、クイーンズランド州内の多数の支店が爆弾による脅迫を受けたという。

同行は発表文で「警察の話によれば脅威に信憑性はなく、いたずらとみられている」とした。

NABは国内に600店舗以上の支店を持つ。

*内容を更新しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up