June 7, 2019 / 3:07 AM / in 3 months

テニス=ナダル、フェデラーとの対戦「同じ試合は2つとない」

 7日に行われる男子テニスの全仏オープン(OP)準決勝で、ロジャー・フェデラーと対戦するラファエル・ナダル(写真)は「同じ試合は2つとない」と語った。パリで2日撮影(2019年 ロイター/Benoit Tessier)

[パリ 6日 ロイター] - 7日に行われる男子テニスの全仏オープン準決勝で、ライバルのロジャー・フェデラー(スイス)と対戦するラファエル・ナダル(スペイン)は「同じ試合は2つとない」と語った。

フェデラーはこれまで四大大会で20回優勝しており、ナダルの17回を上回っている。また、ナダルとの直近の対決5試合では全勝している。しかし、全仏ではナダルが決勝4回を含む過去5回の対戦で全勝しており、2セット以上取られたことがない。

史上最多の全仏12回目の優勝を目指すナダルは、フェデラーとの対戦について報道陣に「同じ試合は2つとない。われわれは常にいろんなことを仕掛けている。何が起きるか見てみよう」とコメント。

そして「彼はアグレッシブにプレーし、リズムを変えて、ネットに出てくるだろう。いいプレーをしているし、わたしはしっかり戦う必要がある。彼にいい状態でプレーさせないために、強いボールを打たないといけない」と意気込みを見せた。

一方、ナダルとのクレーコート15回の対戦でわずか2勝のフェデラーは4日に、勝利のためには違いを生み出す必要があるとし、「大胆不敵な」アプローチをすると発言。「クレーで何かを成し遂げたいなら、必然的に、どこかの時点でラファと戦うことになる。彼は強いから」と話していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below