June 8, 2018 / 12:44 AM / 4 months ago

テニス=全仏OP、ナダルが2年連続準決勝へ

[パリ 7日 ロイター] - テニスの四大大会の第2戦、全仏オープンは7日、パリのローランギャロスで男子シングルス準々決勝を行い、世界ランク1位で第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)は第11シードのディエゴ・シュウォーツマン(アルゼンチン)を4─6、6─3、6─2、6─2で下し、2年連続で準決勝進出を果たした。

 6月7日、テニスの四大大会の第2戦、全仏オープン準々決勝、世界ランク1位で第1シードのラファエル・ナダル(写真)は第11シードのディエゴ・シュウォーツマンを4─6、6─3、6─2、6─2で下し、2年連続で準決勝進出を果たした(2018年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

全仏11回目の優勝を目指すナダルは、「良いプレーの時もあれば、ナーバスになる時もある。準々決勝は私にとって重要な試合。タフな試合になると分かっていたし、普段よりも少し緊張した」と述べた。

もう1試合では、第5シードのフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)が第3シードのマリン・チリッチ(クロアチア)に7─6、5─7、6─3、7─5で勝利。準決勝ではナダルと対戦する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below