for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NAFTA再交渉、米が農産物巡る提案撤回=メキシコ農業団体

[メキシコ市 19日 ロイター] - メキシコ全国農牧協議会(CNA)は19日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉について、米国がメキシコ産農産物の輸入を制限するとの提案を撤回したと明らかにした。

長期化するNAFTA再交渉ではこれまで、トランプ米政権が提案する自動車貿易に関するルール変更が最大の争点となってきた。これとは別に米政権は、特定の季節にだけ一部のメキシコ産農産物の輸入を制限することを求めていたが、この点に関しても意見が対立していた。

ただ、CNAの対外貿易担当幹部、マリオ・アンドラーデ氏はロイターに対し、「米国のカウンターパートは、米国が(同提案の)撤回を決めたと伝えてきた」と明らかにした。

メキシコ経済省はアンドラーデ氏の発言に関するコメントの求めに応じていない。米通商代表部(USTR)の報道官からコメントは得られていない。

メキシコと米国との2国間協議は今週も行われる予定で、メキシコのグアハルド経済相は、今週半ばまでに結論を出したいとの期待を示している。

当局者らによると、カナダを加えたNAFTA加盟3カ国による協議も近く再開する可能性がある。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up