May 21, 2018 / 2:40 PM / 3 months ago

NAFTA再交渉、重要事項でなお協議必要=米財務長官

[ワシントン 21日 ロイター] - ムニューシン米財務長官は21日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉について、米国、メキシコ、カナダの3カ国はなお重要な案件について協議する必要があるとの考えを示した。

同長官はCNBCのインタビューに対し、「まだかなり重要な懸案が残っている」と述べた。そのうえで、トランプ政権は議会の承認が必要となる新たな貿易協定の策定に引き続きコミットしているとしながらも、議会の承認が必要にならない「スキニー」な合意を検討する可能性もあるとの立場も示した。

ムニューシン長官はまた、ドル高は長期的には米国にとり望ましいとの見解も表明。米国の経済成長率は持続的に3%、もしくはこれを超える水準になるとの見通しも示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below