September 7, 2018 / 2:53 AM / 2 months ago

テニス=全米OP女子、大坂が日本人初の決勝へ進出 セリーナと対戦へ

 9月6日、テニスの四大大会最終戦、全米オープンはニューヨークで女子シングルス準決勝を行い、第20シードの大坂なおみが第14シードのマディソン・キーズ(米国)を6―2、6―4で下し、決勝へ進んだ。四大大会で日本女子が決勝へ進出するのは初めて(2018年 ロイター/Robert Deutsch-USA TODAY Sports )

[ニューヨーク 6日 ロイター] - テニスの四大大会最終戦、全米オープンは6日、ニューヨークで女子シングルス準決勝を行い、第20シードの大坂なおみが第14シードのマディソン・キーズ(米国)を6―2、6―4で下し、決勝へ進んだ。

四大大会で日本女子が決勝へ進出するのは初めて。

大坂は決勝で同大会優勝6回のセリーナ・ウィリアムズ(米国)と対戦する。セリーナは準決勝でアナスタシヤ・セバストワ(ラトビア)を下して勝ち上がった。

大坂はキーズに13回もブレークポイントを握られたが、すべてキープに成功。一方で自身は4回のブレークポイントを迎え、そのうち3回成功させるなど勝負強さで相手を上回った。キーズに勝つのは4回目の対戦で初めてだった。

大坂はコートサイドでのインタビューで「マディソンに勝ったことがなかったので、まだ落ち着かない」とコメント。決勝については「変なふうに聞こえるかもしれないが、本当にセリーナとプレーしたいと思っていた。(セリーナに対し)あなたが好き」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below