November 28, 2014 / 6:42 AM / 5 years ago

火星に9万通のメッセージ送信、探査機打ち上げ50周年で

 11月27日、米航空宇宙局(NASA)が初めて火星に探査機を打ち上げてから50周年を記念して、米国の民間団体が火星に向けて9万通のメッセージを送信する。写真は2003年8月、NASAのハッブル宇宙望遠鏡が撮影した火星。提供写真(2014年 ロイター)

[27日 ロイター] - 米航空宇宙局(NASA)が初めて火星に探査機を打ち上げてから50周年を記念して、米国の民間団体が火星に向けて9万通のメッセージを送信する。

米国の民間宇宙科学支援団体「Uwingu(オーウィンゴー)」は28日、火星探査機マリナー4号打ち上げ50周年と他のプロジェクトの資金集めのためのイベント「ビーム・ミー・ツゥー・マーズ」を開催する。自分の名前やメッセージなど9万通を火星にデジタル通信で送信するもので、約15分で火星に到着するという。参加料金は5─99ドル(約600─1万2000円)。

米国の俳優セス・グリーンや、米テレビシリーズ「スタートレック」でスールー役を演じたジョージ・タケイなどの著名人も参加する。

*写真を加えました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below