April 3, 2019 / 9:20 PM / 19 days ago

NATO、ロシアの脅威に警戒呼び掛け 事務総長が米議会で演説

 4月3日、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は、米上下両院の合同議会で演説し、ロシアの脅威に対する警戒を呼び掛けた(2019年 ロイター/CARLOS BARRIA)

[ワシントン 3日 ロイター] - 北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は3日、米上下両院の合同議会で演説し、軍事を拡大させ神経ガスの使用やサイバー攻撃などが疑われるロシアの脅威に対する警戒を呼び掛けた。

ストルテンベルグ事務総長は「NATO加盟国は将来的に一段の結束が必要になるため、見解の相違を乗り越えなくてはならない。われわれは過去に例を見ない課題に直面しており、こうした課題には1カ国では対応できない」と述べた。

その上で「時間はなくなりつつある」とし、ロシアに対し中距離核戦力(INF)廃棄条約を再び順守するよう呼び掛けた。「NATOには欧州に地上発射型の核ミサイルを配備する意向はないが、NATOは効果的な抑止力を持つために必要な措置は取る」とした。ただその後応じたロイターとのインタビューでも詳細には触れず、NATOは幅広い選択肢を検討中と述べるにとどめた。

事務総長はNATOが「歴史上最も成功した同盟」であると強調。「NATOはこれまでも欧州のためになっていたが、米国のためにもなってきた」とし、「国の力は経済や軍事力の規模だけでなく、友好国の数でも推し量ることができる。NATOを通して米国は他の大国よりも多くの友好国を有しており、このことで米国は一段と力強く、安全な国になっている」と述べた。

ストルテンベルグ事務総長はNATO創設70周年に合わせて米議会に招待され、前日にはトランプ米大統領と会談した。

トランプ大統領は自身がNATO加盟国に対し拠出金を拡大させるよう圧力を掛けていることで、加盟国の間では貢献を増やす動きが出ているが、一段の拡大が必要と指摘。ストルテンベルグ事務総長は、加盟国は過去2年間で総額410億ドルの拠出金を拡大させたとし、来年は1000億ドルの拡大が見込まれることを明らかにした。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below