for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NBA=来シーズン期間短縮の可能性も、ホークスGM談

[9日 ロイター] - 米プロバスケットボール協会(NBA)ホークスのトラビス・シュレンクGMは9日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により来季の開催期間を短縮することが検討されていると語った。

シュレンクGMは電話会見で「彼らはできるだけ、これまで通りのスケジュールに近づけていきたいとの意向を持っている。GMミーティングの1つで、彼らは来年のスケジュールが短縮される可能性があると言っていた。これまでは5日間で4試合の連戦は避けようとしていたが、来年は過密日程になるかもしれない」と語った。

中断されている今季の試合は7月31日から再開される予定だが、ホークスなど下位8チームは新日程の試合には参加できない。NBAが先週発表した暫定カレンダーでは、来季に向けた合宿は11月10日から始まり、レギュラーシーズンは12月1日からスタート。そのため、再開される今季の試合に参加できないチームは中断となった3月中旬から11月まで公式戦から遠ざかることになる。

また、シュレンクGMは、リーグ側が通常通りのスケジュールに近づけていきたい理由として、他にも大学シーズン、ドラフトなど複合的な要素があるとし、そのために今季ファイナルから新シーズン開幕までの期間も短くなっているという。

来年7月には1年延期となった東京五輪も開催されるため、その影響もあるとみられる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up