March 15, 2020 / 4:25 AM / 20 days ago

NBA=キャバリアーズのラブ、従業員救済へ10万ドルを寄付

 NBAキャバリアーズのケビン・ラブは、シーズンの中断によって何週間も無収入になる可能性がある従業員を救済するために10万ドルを寄付すると発表した。ニューオーリンズで2月撮影(2020年 ロイター/Chuck Cook-USA TODAY Sports)

[ニューヨーク 14日 ロイター] - 米プロバスケットボール協会(NBA)キャバリアーズのケビン・ラブは、シーズンの中断によって何週間も無収入になる可能性がある従業員を救済するために10万ドル(約1080万円)を寄付すると発表した。

全米で新型コロナウイルスによる感染が拡大するなか、NBAは11日にシーズンの無期限中断を発表。このため試合会場で店員や案内係などを務めて日々の収入を得ていた従業員に大きな影響が出ることとなった。

ラブは自身のインスタグラムで、「皆さんが感じている不安の大きさを懸念している」と述べた。

ピストンズのブレーク・グリフィンもこれに続き、本拠地の従業員のために10万ドルを寄付すると報じられている。ペリカンズのルーキー、ザイオン・ウィリアムソンは、本拠地で働く全ての従業員のサラリー30日分を自分が持ちたいとインスタグラムで述べた。

バックスのヤニス・アデトクンボは13日、家族とともに本拠地の従業員のために10万ドルを寄付すると発表。ツイッターを介し、「私と家族、チームメートの生活を楽にして下さっている方々の力になりたい」と発言した。

NBAではキャバリアーズ、マーベリックス、ネッツのオーナーらも、従業員への給与支払いについて対策を講じると表明している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below