May 30, 2018 / 4:21 AM / 7 months ago

NBA=ファイナルに挑むキャブス、専門家は劣勢を予想

 5月29日、米NBAでは31日からウォリアーズとキャバリアーズのファイナルが開幕する。専門家たちはレブロン・ジェームズ(写真)を擁するキャバリアーズの劣勢を予想。ボストンで27日撮影(2018年 ロイター/David Butler II-USA TODAY Sports)

[29日 ロイター] - 米プロバスケットボール協会(NBA)では、4年連続の同カードとなったウォリアーズとキャバリアーズのファイナルが31日から開幕する。専門家たちはレブロン・ジェームズを擁するキャバリアーズの劣勢を予想している。

NBAでヘッドコーチの経験があるジェフ・バンガンディ氏は29日、電話会見で「レブロン・ジェームズが今回のファイナルでどれくらい戦えるか興味があるが、1つでも勝てれば番狂わせと言えるだろう。私の時代から考えても、ファイナルで戦う両チームの差がここまで大きなものはない」と話した。

キャバリアーズは、レブロンがプレーしている10年で見ると過去最低の第4シードでのプレーオフ進出。1回戦ではペーサーズに7戦で辛くも競り勝つと、準決勝ではラプターズに4連勝し、決勝でセルティックスに7戦の末に勝ち上がりを決めた時は意外な結果と見られた。

対するウォリアーズは過去3年のファイナルで2回優勝の実力者。同じく元ヘッドコーチのマーク・ジャクソン氏は「ウォリアーズ相手にミスをすると、その代償を払うことになる。勝利のチャンスをつかみたいのなら、守備で一致団結しなければならない」と話している。

バンガンディ氏も「キャバリアーズが点の取り合いで勝てるとは思えない。スマートでタフな選手がテンポをコントロールし、懸命に戦わないといけない」と話し、攻撃力の高いウォリアーズの得点を100点以下に抑えることが勝利の前提とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below