for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NBA=八村がスタメンデビューでダブルダブル、チームは黒星

 NBAは23日、各地で試合を行い、ウィザーズから日本人初のドラフト1巡目指名を受けた八村塁(手前)がマーベリックス戦との開幕戦で先発出場し、公式戦デビュー。14得点10リバウンドでダブルダブルを達成した(2019年 ロイター/Kevin Jairaj-USA TODAY Sports)

[23日 ロイター] - 米プロバスケットボール(NBA)は23日、各地で試合を行い、ウィザーズから日本人初のドラフト1巡目指名を受けた八村塁がマーベリックス戦との開幕戦で先発出場し、公式戦デビューを飾った。

八村はレイアップで記念すべき初得点をマークするなど14得点10リバウンドでダブルダブルを達成。主軸のブラッドリー・ビールが19得点6リバウンド9アシスト3スチールと活躍し、トーマス・ブライアントが14得点11リバウンドを記録したが、チームは100─108で黒星スタートとなった。

マーベリックスではルカ・ドンチッチが両チーム最多の34得点を決め、勝利に貢献した。

ネッツはティンバーウルブズにオーバータイムの末、126─127で競り負けた。カイリー・アービングが50得点を決めたものの報われなかった。

そのほか、ホーネッツはブルズを126─125、ピストンズはペーサーズを119─110、マジックはキャバリアーズを94─85、ヒートはグリズリーズを120─101、セブンティシクサーズはセルティックスを107─93、スパーズはニックスを120─111で下し、白星発進となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up