February 15, 2020 / 4:55 AM / 2 days ago

NBA=ライジング・スターズ、世界選抜は敗戦 八村は14得点

NBAは、オールスター戦期間中にプロ2年目までの若手が米国選抜と世界選抜に分かれて対戦する「ライジング・スターズ」を行い、八村塁(右)が先発出場した世界選抜は131─151で敗れた(2020年 ロイター/Kyle Terada-USA TODAY Sports)

[14日 ロイター] - 米プロバスケットボール協会(NBA)は14日、オールスター戦期間中にプロ2年目までの若手が米国選抜と世界選抜に分かれて対戦する「ライジング・スターズ」を行い、八村塁が先発出場した世界選抜は131─151で敗れた。

八村は14得点7リバウンド4アシスト1スチールの内容。RJ・バレットが両チーム最多の27得点、6リバウンド5アシスト3スチールの活躍を見せ、ブランドン・クラークが22得点8リバウンド。シェイ・ギルジャスとルカ・ドンチッチはそれそれ16得点をマークした。

米国選抜では、先発5選手を含む計8選手が2桁得点をマーク。そのうち、エリック・パスカルが23得点、コリン・セクストンが21得点、マイルズ・ブリッジズが20得点と3選手が20得点以上だった。

MVPには、20得点5リバウンド5アシスト3スチールの活躍を見せたブリッジズが選ばれた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below