for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NBA=八村がダブルダブルの活躍も、ウィザーズ黒星

 NBAは21日、各地で試合を行い、八村塁(右)の所属するウィザーズはネッツに106─113で敗れた。八村は約40分のプレーで20得点、10リバウンドのダブルダブル(2021年 ロイター/Brad Penner-USA TODAY Sports)

[21日 ロイター] - 米プロバスケットボール協会(NBA)は21日、各地で試合を行い、八村塁の所属するウィザーズはネッツに106─113で敗れた。

八村は約40分のプレーで20得点、10リバウンドのダブルダブルをマーク。ラッセル・ウエストブルックがいずれもチーム最多の29得点、13リバウンド、13アシストのトリプルダブルでチームをけん引した。

ネッツでは、カイリー・アービングが28得点、ジェームズ・ハーデンは26得点を決めた。

渡辺雄太の所属するラプターズはキャバリアーズに105─116で黒星を喫した。渡辺は欠場。フレッド・バンブリートが23得点、カイル・ラウリーが18得点を決めたが、コリン・セクストンが36得点、ジャレット・アレンが17得点、15リバウンドのダブルダブルだったキャバリアーズに及ばなかった。

そのほか、ペーサーズはヒートを延長戦の末に109─106で下し、サンダーはロケッツを114─112、ペリカンズはナゲッツを113─108、セルティックスはマジックを112─96、ブルズはピストンズを100─86でそれぞれ勝利。東地区1位のセブンティシクサーズは延長戦の末にニックスに101─100で競り勝ち、2連勝とした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up