for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NBA=ジャズのミッチェル、飛行機に恐怖も再び搭乗へ

NBAジャズに所属するドノバン・ミッチェルが、先月30日にチームのチャーター機がバードストライクのために緊急着陸したことを受けて、同日に再び飛行機に搭乗することを拒否していたことが分かった。米オハイオ州クリーブランドで2020年3月撮影(2021年 ロイター/David Richard-USA TODAY Sports)

[2日 ロイター] - 米プロバスケットボール協会(NBA)のジャズに所属するドノバン・ミッチェル(24)が、先月30日にチームのチャーター機がバードストライクのために緊急着陸したことを受けて、同日に再び飛行機に搭乗することを拒否していたことが分かった。

チャーター機はソルトレーク空港からメンフィスに向けて出発したが、離陸後まもなく、バードストライクによるエンジントラブルが発生し、ソルトレーク空港に引き返した。選手たちは数時間後に別の便でメンフィスへ発ったものの、フライトへの恐怖を覚えたミッチェルは搭乗せず。翌日のグリズリーズ戦を欠場していた。

ミッチェルは「時間が必要だった。なぜなら、そのまま再び搭乗することは自分にとって正しいこととは思えなかったから。チームメートもコーチもそれを尊重してくれた。サポートに感謝したい」とコメント。

ジャズの次のアウェー戦は5日のマーベリックス戦。同選手は「この仕事には(飛行機移動が)つきものだと理解している。次に飛行機に乗る日曜(4日)には大丈夫だ。メンタルを落ち着かせるために時間が必要だっただけ」と述べ、チームとともに試合に臨む予定としている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up