April 7, 2018 / 5:29 AM / 7 months ago

NBA=ジェームズとカリーら、W杯と五輪の米国代表候補に

 4月6日、米国バスケットボール協会は2019年W杯と20年東京五輪に向けた代表候補選手を発表。レブロン・ジェームズら35人がNBAから選ばれた。ロンドンで2012年8月撮影(2018年 ロイター/Sergio Perez)

[6日 ロイター] - 米国バスケットボール協会は6日、2019年ワールドカップ(W杯)と20年東京五輪に向けた代表候補選手を発表。レブロン・ジェームズ(キャバリアーズ)、ステフェン・カリー(ウォリアーズ)ら35人が、米プロバスケットボール協会(NBA)から選ばれた。

7月25日─27日にラスベガスで代表チームのミニキャンプを行い、正式メンバーを決定する見込み。スパーズ監督のグレグ・ポポビッチ氏が代表の指揮官を務める。

4回目の五輪出場を目指すジェームズはこれまで08年北京五輪と12年ロンドン五輪で金メダルを獲得し、04年アテネ五輪では銅メダル。16年リオデジャネイロ五輪には出場しなかった。

カリーは五輪での出場経験が無く、10年W杯の優勝メンバー。16年リオ五輪では代表入りが決まっていたが辞退した。リオ五輪での金メダル獲得メンバーからはケビン・デュラント(ウォリアーズ)ら11選手が今回の候補入りを果たした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below