for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NBA=レブロン、オールスター開催は「平手打ちを浴びた気分」

 NBAレーカーズのレブロン・ジェームズ(青23番)は、新型コロナウイルスの感染が拡大しているさなかにNBAがオールスター開催を決めたことに「平手打ちを浴びたようだ」と語った。ロサンゼルスで4日撮影(2021年 ロイター/Robert Hanashiro-USA TODAY Sports)

[5日 ロイター] - 米プロバスケットボール協会(NBA)、レーカーズのレブロン・ジェームズは、新型コロナウイルスの感染が拡大しているさなかにNBAがオールスター開催を決めたことに「平手打ちを浴びたような気分」と語った。

米メディアの報道によると、NBAと選手会は3月7日にアトランタでオールスターゲームを開催することで合意。今週中にも正式発表される見込みだという。

しかし、レブロンは4日の試合後、「今季のオールスターに費やすエネルギーもないし、興奮もない。なぜ、オールスターをやるのか理解できない」とコメント。

さらに、同選手は「今シーズンが始まった際、私たちはオールスターはやらないと聞かされていたから、そこでシーズン後半に向けて小休止できるのはいいと思っていた。それがやはりやるとなっては、顔面を平手打ちされたような気分だ」とし、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)が続く中でのオールスター開催に疑問符をつけた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up