December 23, 2019 / 11:54 PM / a month ago

NBA=八村の同僚トーマス、出場停止処分に不満あらわ

 NBA、八村塁が所属するウィザーズのアイザイア・トーマス(写真)は、2試合の出場停止処分となったことについて、リーグに対して不満をあらわにした。米ミシガン州デトロイトで16日撮影(2019年 ロイター/Rick Osentoski-USA TODAY Sports)

[23日 ロイター] - 米プロバスケットボール協会(NBA)、八村塁が所属するウィザーズのアイザイア・トーマスは、2試合の出場停止処分となったことについて、リーグに対して不満をあらわにした。

トーマスは21日に敵地フィラデルフィアで行われたセブンティシクサーズ戦で2人の男性客から野次を飛ばされたことを不服とし、客席に入って2人と対面。ビデオ映像では冷静に話していた様子だったが、退場処分となった。

NBAのルールでは、故意に客席に立ち入った場合、即刻退場処分となるほか、罰金や出場停止処分を受ける可能性がある。

トーマスは出場停止処分について、「でたらめ」とツイート。当時の状況については報道陣に対し、「私が1本目のフリースローを外し、2本目を決めた後、ファンが両手の中指を突き立てて暴言を吐いた」と説明した。

トーマスが客席へと向かい、「無礼な態度をとらないでほしい」と伝えたところ、男性は謝り、「アイスが欲しかっただけ」と述べたという。セブンティシクサーズのホームゲームでは、相手選手が連続でフリースローを外した場合、観客は無料でアイスがもらえるという。

今回の件に関与した2人のファンについて、セブンティシクサーズは1年間の入場禁止処分にしたという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below