June 6, 2018 / 3:14 AM / 6 months ago

NBA=レブロンとカリー、ホワイトハウス招待に応じる気なし

 6月5日、米プロバスケットボール協会(NBA)のキャバリアーズに所属するレブロン・ジェームズ(写真)と、ウォリアーズのステフェン・カリーは、優勝したチームがホワイトハウスを訪問することはないだろうとの見解を示した。カリフォルニア州オークランドで3日撮影(2018年 ロイター/Kelley L Cox-USA TODAY Sports)

[5日 ロイター] - 米プロバスケットボール協会(NBA)のキャバリアーズに所属するレブロン・ジェームズと、ウォリアーズのステフェン・カリーは5日、優勝したチームがホワイトハウスを訪問することはないだろうとの見解を示した。

両チームは現在、ファイナルで(7回戦制)優勝を争っている。優勝チームはホワイトハウスに招待され、米大統領と面会することが長らく恒例となっているが、スポーツ界ではトランプ大統領との衝突で表敬訪問が中止になるケースが出てきている。

4日にはトランプ大統領が米ナショナルフットボールリーグ(NFL)のスーパーボウル王者イーグルスのホワイトハウスへの招待を取り消す意向を示した。イーグルスは5日にホワイトハウスを訪問する予定だったが、国歌斉唱時に選手たちは起立するべきとするトランプ大統領の主張に対し、一部の選手が異議を唱え、当初より少ない人数での訪問を希望していた。

NBAでも昨年9月、ウォリアーズが優勝して招待を受けた際、カリーが訪問に難色を示したため、トランプ大統領が招待を取り消す事態があった。

レブロンは「どちらがこのシリーズで勝っても、誰も招待は望んでいない」とコメント。カリーはチームメートとともに昨年同様のスタンスを取る意向を示し、「レブロンに同意する」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below