for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NECがスイスの金融ソフト会社を買収、電子政府の機運も好機に

 10月5日、NECは、スイスの大手金融ソフトウエア企業アバロクを所有する持ち株会社を約2360億円で買収すると発表した。写真は2012年5月、東京の無線通信技術の展示会で撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 5日 ロイター] - NEC6701.Tは5日、スイスの大手金融ソフトウエア企業アバロクを所有する持ち株会社を約2360億円で買収すると発表した。同社の買収案件として最大規模。金融機関向けにIT技術を提供するアバロクを取り込むことで、金融業界のデジタル化支援事業に力を入れる。行政のデジタル化の動きをビジネス機会につなげるねらいもある。

オランダに設立する特別目的会社を通じ、アバロクを傘下に置く持ち株会社WP/AV CH Holdings I社の全株式を取得する。2021年4月までに買収を完了する。21年3月期の連結業績に与える影響は精査中としている。

NECの新野隆社長兼CEOは同日の会見で「高度な資産運用アドバイスや資産取引の利用者の裾野が、これから大きく広がる。長期的な市場の成長が期待できる」と、買収の背景を説明した。欧米ではデジタルを通じた行政と金融との連携が進んでいるとし「デジタル・ファイナンスへの進出は、デジタル・ガバメント(電子政府)領域での事業機会獲得にも資する」と述べた。

アバロクは過去2年に利益が振るわなかったが、会見に同席した山品正勝常務は、データセンターの切り替えなどの一時費用があったとし「今年度から一気に黒字化して大きな成長をしていくとみている」と述べた。継続的に課金するリカーリングビジネスの売上高に占める比率は70―80%だとし「かなり長期にわたってビジネスの確からしさが確認されている」という。

買収資金は「フリーキャッシュフローの範囲内」と、同席した森田隆之副社長兼CFOが説明した。短期的な調達はあるものの、基本的に自己資金としている。

NECによるM&Aは欧州企業が続いてきた。今後、北米でのM&Aは「財務的な健全性を保ちながら機会を検討したい」とした一方、アジアでは「強い事業を持っている」として「小規模のM&Aはあるかもしれないが、大規模の案件は今のところ必要ないと考えている」とした。

*内容を追加しました。

平田紀之、久保信博

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up