Reuters logo
伝説の王妃埋葬か、ツタンカーメン墓の「隠し部屋」探査へ
2015年10月2日 / 04:05 / 2年前

伝説の王妃埋葬か、ツタンカーメン墓の「隠し部屋」探査へ

[カイロ 1日 ロイター] - エジプト南部ルクソールの「王家の谷」にある古代エジプトのツタンカーメン王の墓に2つの隠された部屋があり、その1つに伝説のネフェルティティ王妃(紀元前14世紀)が埋葬されている可能性が出てきた。英考古学者のニコラス・リーブス氏が1日、カイロで会見を開き明らかにした。

 10月1日、古代エジプトのツタンカーメン王の墓に2つの隠された部屋があり、伝説のネフェルティティ王妃が埋葬されている可能性が出てきた。写真は会見する英考古学者リーブス氏(左)ら(2015年 ロイター/AMR ABDALLAH DALSH)

高解像度スキャン画像を分析したところ、ツタンカーメン王の埋葬室に2つの部屋につながる入り口があることが判明したという。

同氏の新説が証明されれば、古代エジプト史の謎に新たな光を当てる今世紀最大の発見となる。

エジプト政府は、部屋の有無を確認するため、今後1─3カ月以内に地中のレーダー探査を行う予定。

リーブス氏はツタンカーメン王の墓について、元々は義母とされるネフェルティティ王妃の墓だったと推測。王妃は第18王朝のファラオだったアクエンアテン王の正妃で、ベルリン新博物館に展示されている胸像が有名。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below