July 14, 2016 / 10:06 AM / 4 years ago

マイナス金利の効果はまだない、十分な政策検証を=全銀協会長

7月14日、全国銀行協会の国部毅会長(三井住友銀行頭取)は、日銀による追加緩和について「マイナス金利政策導入の効果はまだ現れていない」と述べた。写真は都内の日銀本店。1月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 14日 ロイター] - 全国銀行協会の国部毅会長(三井住友銀行頭取)は14日の会見で、日銀による追加緩和について、「マイナス金利政策導入の効果はまだ現れていない」としたうえで、「まずは政策の効果を検証していただくのが先決」と述べた。

市場では、日銀が今月28、29日に開く金融政策決定会合でマイナス金利の拡大を含む追加緩和への思惑も根強く残る。国部会長はマイナス金利幅拡大の是非については直接の言及は避けたものの、日銀に対して慎重な姿勢を求めた。

また、20年国債の利回りが一時、マイナス圏に沈むなど長期金利が低下していることについて、「長期にわたり低金利が継続するというマーケットのメッセージ」とし、「デフレからの完全脱却に向けたマインドのリセットにとって好ましい状況とは言えない」と述べた。

さらに、日銀には、「マーケット参加者や企業がマイナス金利政策の意図や狙いを十分に理解し、政策効果が早期に生じるようにコミュニケーション面にも配慮いただきたい」と注文を付けた。

日銀が国債を直接購入して財政資金を提供する、いわゆるヘリコプターマネーについては「財政規律が失われるリスクがあるので好ましい政策ではない」と述べた。

浦中 大我

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below