July 31, 2018 / 5:56 AM / 17 days ago

サウジ国王が建設中の未来都市入り、異例の国内夏季休暇

[リヤド 30日 ロイター] - サウジアラビアのサルマン国王(82)が、夏季休暇を過ごすため、紅海沿岸に建設中の新未来都市NEOMに到着した。

FILE PHOTO - Visitors watch a 3D presentation during an exhibition on 'Neom', a new business and industrial city, in Riyadh, Saudi Arabia, October 25, 2017. REUTERS/Faisal Al Nasser

サウジの王族は伝統的に、フランスのリビエラやスペイン南部のマルベラ、モロッコのタンジールなど国外で夏季の大半を過ごしている。

NEOMはムハンマド皇太子が昨年打ち出した構想による新都市で、面積は2万6500平方キロ、建設費は5000億ドルという。雇用創出や海外からの投資誘致、新たな自由の実現などを目指す改革の一環。ただ、当局はそれ以来ほとんど詳細を発表していない。

国営サウジ通信(SPA)が報じた声明は、国王はNEOMで「しばらく休養と娯楽の時間を過ごす」と述べたが、詳細は明らかにしなかった。

具体的な滞在先も明らかでないが、2月に複数の筋が、タブークから西方150キロの地点で国王や皇太子ら王族のため5つの宮殿を造るよう、国内の建設業者に依頼があったと明かしていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below