for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国ネットイース、注目ゲーム国内配信を延期 微博投稿禁止直後

 6月20日、中国のインターネット・ゲーム大手、網易(ネットイース)は、23日に予定していたビデオゲーム「ディアブロ イモータル(暗黒破壊神:不朽)」の国内リリースを延期した。写真は同社のロゴ。昨年7月に上海で撮影(2022年 ロイター/Aly Song )

[香港 20日 ロイター] - 中国のインターネット・ゲーム大手、網易(ネットイース)は、23日に予定していたビデオゲーム「ディアブロ イモータル(暗黒破壊神:不朽)」の国内リリースを延期した。これに先立ち、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」の同ゲーム公式アカウントは新規投稿を禁じられていた。

新たな配信日は明らかにしていない。19日の発表文ではプレー体験の改善といった変更を行い、「複数の最適化調整」を実施したいと説明している。

ウェイボでの新規投稿が禁じられたことについては触れておらず、延期理由は不明。ロイターはネットイースにコメントを求めたが、回答を得られなかった。

ネットイースと米ゲーム大手アクティビジョン・ブリザードが共同開発した「ディアブロ イモータル」は、今年最も期待されているゲームの一つ。中国での配信は、昨年の大規模な締め付け強化で打撃を受けた同国のビデオゲーム市場に対する当局の姿勢を見極める上で注目されている。

中国以外では6月2日にすでにリリースされており、アプリ追跡プラットフォーム「App Magic」によると、配信開始後2週間で2400万ドル以上を稼いでいる。

ネットイースによると、同ゲームは先週、1500万人以上のユーザーから事前登録を受けていた。

20日の同社株価は9%以上下落した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up