for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ネットフリックス、インドのコンテンツ調達でリライアンス子会社と協議中

6月12日、米動画配信サービス大手ネットフリックスは、インドのバイアコム18とコンテンツ提供の複数年パートナーシップ契約について協議を行っている。写真はネットフリックスのロゴ。ロサンゼルスで2018年7月撮影(2020年 ロイター/Lucy Nicholson )

[ニューデリー 12日 ロイター] - 米動画配信サービス大手ネットフリックスNFLX.Oは、インドのバイアコム18とコンテンツ提供の複数年パートナーシップ契約について協議を行っている。関係者3人がロイターに語った。

バイアコム18は、インドのコングロマリット、リライアンス・インダストリーズRELI.NS下のネットワーク18の子会社が手掛ける合弁会社。米バイアコムCBSVIACA.Oが出資している。

パートナーシップ契約では、バイアコム18を含むネットワーク18の子会社がネットフリックス向けに番組を制作する。ネットフリックスはインドのビデオストリーミング業界でアマゾンAMZN.O、ウォルト・ディズニーDIS.Nと競争を繰り広げている。

インドのネットフリックスの広報担当者は、ネットワーク18およびバイアコム18との協議を否定したものの、詳しくは語らなかった。バイアコム18も、協議が行われているかどうかについてコメントを控えた。

関係者によると、契約金額は不明で、交渉はまだ初期段階にある。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up